So-net無料ブログ作成

男性・女性芸能人の身長&体重まとめ

激太り、激やせでサバを読んでいる男性・女性芸能人の身長や体重の実際は?芸能人の身長や体重をまとめています。

カテゴリー:小保方晴子

小保方晴子 ブログトップ

STAP細胞で話題の小保方晴子がやせた [小保方晴子]

「STAP細胞」を発見したことで話題になった小保方晴子がやせた? 最近ますますかわいくなったと言われています。 今回は小保方晴子について書いてみたいと思います。


スポンサーリンク




STAP細胞を発見した小保方晴子が急激にやせました。
STAP細胞を発見し急激に人気となった理化学研究所の女性.

科学者として人気になったかと思えば、現在はSTAP細胞は存在しないのでは・・・と言う話題でマスコミや記者・生物科学者・評論家から人気を集めています。

最近、注目を集めた小保方さんなのでどんな方なのか知らない人も多いと思います。

そこで小保方晴子の事を詳しく調べてみました。

名前 小保方晴子(おぼかた はるこ)

小保方晴子.jpg


千葉県松戸市の出身で1983年6月29日の30歳
1999年に千葉県松戸市立第六中学校卒業
2002年に東邦大学付属東邦高校卒業
2006年早稲田大学理工学部応用化学科卒業
この理工学部では微生物の研究を行っていた小保方晴子だが指導教授からのアドバイスで早稲田大学院に入学をする。
専門分野を変えて
東京女子医科大学院先端生命医科学研究所研修生として論文の共著者となる東京女子医科大学教授の指導で医工融合研究教育拠点である先端生命医科学センターにて再生医療の研究を開始しました。
2006年早稲田大学大学院入学
2008年ハーバード大学医学大学大学院留学
ハーバード大学医学大学院教授のチャールズ・バカンティの研究室に2008年からの2年間留学をしました。
2011年早稲田で博士号取得
2011年理化学研究所発生・再生科総合研究センターの客員研究員
2013年理化学研究所発生細胞リプログラミング研究ユニットリーダー就任

職業・・・細胞生物学者という感じです。


小保方晴子が注目を集めているのはやせたから? それとも小保方さん自身が書いた論文に偽りや他の学者たちの論文のコピーを使ったことが問題となっているからなのかどちらなのでしょう。

小保方晴子、最近やせました。
ここ1か月くらいで急激にやせましたね。もともときれいな感じの女性で顔がポチャッとしていたのですがそれも愛嬌です。しかしやせたら顔もすっきりしてさらにきれいになりました。
小保方さんがやせたことで人気急上昇となっているのでしょうか。
きれいな女性に周囲はほっておかないことでしょう。

やせてきれいになった女性はいつも以上に魅力に感じますよね。
もともとがふっくらしている顔だったのでマスコミ報道や取材で精神的にボロボロになっている小保方さんですがやつれたという感じではなくやせたがあっているでしょう。


では小保方晴子の論文がなぜマスコミや研究学者に取り上げられているのかを調べて見ました。

若返りの効果が期待できると言う「STAP細胞」を発表しました。
この実験は理化学研究所の社員である小保方晴子がマウスを使ってたくさんの年月をかけて実験を重ねてきた結果、200回以上の成功が確認されました。

しかし博士論文冒頭の20ページ分の文章が、肝細胞について一般人でもわかるように説明しているアメリカの国立衛生研究所のサイト「stem cell Basics」からコピーをして別の場所に貼り換えたことが見つかり指摘されています。

小保方晴子はコピー&ペーストの指摘を受けショックを受けており、博士論文の審査をした早稲田大学教授の竹岡真司は、大学院先進理工学研究科が調査に乗り出すことを発表しました。
論文を書いた小保方晴子が画像博士論文にマウスの骨髄細胞を肝細胞に分化させた実験の結果として載せられていた画像が、バイオ系企業コスモ・バイオのプライマリーセル事業部のサイト「肝細胞栽培キット」のサンプル画像に似ていることが発覚したことが明らかになりました。

コスモバイオの担当者は画像は自社のもので2007年6月に撮影したものですと言っています。
この画像を小保方晴子に提供したことはないと証言しました。
小保方晴子は博士論文を提出したのが2011年2月であり自身がコスモバイオのサイトから画像をコピーしたのではないかと言われています。

STAP細胞を発表して数日してこの事実が明らかになった小保方晴子の論文。

最近はこれが小保方さんのミス・誤りからきたものなのか、確信的に行った論文発表だったのかで取り上げられています。

この騒ぎで小保方晴子が世間の話題となり注目を集めています。
1か月ほど入院するという騒ぎになるほど消沈しきっています。
こうなるとかわいそうです。
入院生活もやせる要因です。

理化学研究所・小保方晴子は現在、取材陣やマスコミ・科学者などから注目を張られ苦労しています。
精神的にも肉体的にもボロボロになってしまいます。
これではやせてもしかたありません。

小保方晴子やせた.png
この写真では頬あたりがやせました。

これが原因でやせたのでしょうか。

きっとこれも原因に関係あるでしょう。
ここまで追い詰められると精神的に人間不信になりそうです。

小保方晴子が今まで何年もかけてやってきた研究を批判され、STAP細胞があると信じてやってきた研究が世間やマスコミから一瞬にして「STAP細胞はウソ」と言われてしまうのですから・・・。
そりゃやせてしまいますよね。
食事だって喉をとおりません。
小保方晴子が短期間でやせてしまうのも無理ないです。

マスコミ・報道って一瞬にして世間を注目させる話題をふりまきますよね。
それに反応する世間も敏感です。

「STAP細胞」が発表された時は、理化学研究所(りけじょ)の小保方晴子がすごい。可愛いし出来る人。という感じでよいイメージをもったと思います。
しかし、STAP細胞が間違いかもしれない・確信的にコピーを使ったと発表されてから一瞬にして世間の目が小保方さんのイメージを下げています。

これでは小保方晴子自身、精神的に病んでしまいますし入院するほどボロボロになってしまっていたのでしょう。

りけじょ言う言葉に今回注目が集まりました。
今まで女性の科学者などとりあげられることはあまりありませんでした。
今回の騒ぎで女性研究者の方たちがどのような事をしているのかを少し世間に知ってもらえたのではないでしょうか?

そしてりけじょに続いて土木関係の仕事をする女性を「ぼくじょ」と呼ばれています。
土木関係の仕事をする女性は少ないが、最近では一年ごとに女性の数が増えていると言います。


小保方晴子がやせたのは精神的ショックから・・・STAP細胞はあります。

取材陣の問いかけに「STAP細胞は存在します」と言っている姿がかわいそうでたまりません。
月日が経てば取材陣も落ち着くがいつまで小保方さんに付きまとい質問するのと思ってしまいます。

激ヤセするのは報道や取材が原因です。
少し、時間を与えてそっとしておいたらよいのに・・・。
小保方さんの親や身内はかわいそうで見ていられないでしょうね。
たくさんの取材にも小保方晴子が精神的にやせていく姿にも。
健康的にやせるのとは違いますからね。

健康的にやせれば、身体も引き締まって肌つやもよく見た目もきれいになっていきます。
しかし、今回のように周囲からの批判や精神的に落ち込んでいたりストレスがたまった状態からやせていくと健康的にやせたとは言えませんね。

やせても肌に何かしらのトラブル(肌荒れ・ニキビ)ができたり、精神的にうつ状態になったりすることもおかしくありません。

これでやせてかわいくなったと言われても不意におちませんね。

最近では「小保方晴子だけが悪いのではない。あまりにもかわいそうすぎる」とか「理化学研究所がもっと彼女を守ってあげるべき」「社員を守るのは会社として当たり前」という声も聴かれています。

先日、テレビで小保方晴子についてのアンケートをやっていました。
それは小保方晴子の今回の件についてどう思うか?ということでした。
その答えは2つからの選択式で
・小保方晴子の知識や勉強不足
・小保方晴子のみを責めるのは間違っている
の2択でした。

一般人に聞いた答えではわずかながら
・小保方さんのみを責めるのは間違っている・・・と回答した方が多かったのです。

しかし小保方晴子のように科学者を目指している学生に聞いた回答では
・小保方さんの知識・勉強不足という考えの人が多かったのです。

科学者の学生ながらに厳しい回答がかえってきました。
「科学者としてあり得ないミスをした」
「当然の事」など厳しいです。


小保方晴子が退院後に行った記者会見ではどのようなことを述べたのでしょう。

STAP細胞に関する論文の作成に関して、私の不注意、不勉強、未熟さに多くの疑念を生み、理化学研究所および共同執筆者の皆さまをはじめ、多くの皆様にご迷惑をおかけしてしまったことを心よりお詫び申し上げます。
また、責任を重く受け止め、深く反省しております。本当に申し訳ありませんでした。
今日現在まで、筆頭著者である私から何も情報の発信ができなかったことを重ねてお詫び申し上げます。
国際間をまたぐ2つの研究室で、2報文の論文のデータを同時にまとめ執筆していく作業は私の能力をはるかにこえていたのかもしれませんが私はその時々に論文発表に向けて全力で取り組んで参りました。
生物系の論文の基本的な執筆法や提示法について不勉強なままでの作業になり、それに加えて私の不注意も加わり結果的に多くの不備が生まれてしまったことに大変情けなく申し訳なく思っております。
それでも私はSTAP現象が」いつか誰かの役にたつと信じ研究を続けてきました。
多くの研究者から見れば、考えられないようなレベルでの間違いだと思いますが、この間違いによって論文の研究結果に影響しないことと何より実験は確実に行われておりデータも存在していることから、私は決して悪意を持ってこの論文を仕上げたわけではないことをご理解いただきたく存じます。
私が正しく図表を提示していたならば、調査委員会事態も必要なく、お忙しい中、調査に参加してくださった調査委員の先生方にも心からのお詫びと感謝を申し上げます。
しかし調査結果は事実関係をよく理解していただけないまま不正と判断されてしまいました。
弁解と説明の機会を十分に与えてくださったならば必ず間違いが起こった経緯を理解していただけるものと思いますので不服申し立てをさせていただきました」。
STAP現象は何度も確認された事実です。
私はSTAP現象に出会って以降、この現象を発表する使命感とともに、毎日実験に取り組んできました。
現象のメカニズムが詳しく理解され、いつか多くの人に役立つ技術にまで発展させていける日を夢見てきました。
そうかSTAP現象が 論文の体裁上の間違いで否定されるのではなく科学的な実証・反証を得て
研究が進むことを何よりも望んでいます。
このたびは本当に申し訳ありませんでした。

小保方さんの記者会見を見るかぎり悪意があってやったものとは思えません。
これ程、自分の犯してしまった不注意・不勉強・間違いを反省していることです。
誰もがやったことのない新しい研究をやっていれば間違いもあるし、毎日がつらい研究だったと思います。
それがやっと成功した時の感動と早く自身の作った研究が世間の役にたってもらいたいという一心だったと思います。

小保方晴子はかなりやせてしてしまうほどに毎日いろいろなことを考えていると思います。
STAP細胞がどうしたらあると信じてくれるのか・・・
STAP細胞があると実証したいけれど今の状況では研究ができない・・・

失敗があるからこそ成功がある。
一般の理化学研究所の社員であった彼女がSTAP細胞で急にマスコミに取り上げられ、今度は批判の嵐で注目が集まりテレビってすごい影響ですよね。
一瞬で話題を変えてしまうのですから・・・
理化学研究所にも大きな失態があると思います。
批判に変わった途端に関係ないって感じになるのは最低ですよね。
社員の味方になるのが会社としての任務でもあると思います。
理化学研究所も小保方さんと一緒になって研究をして作ってきたものなのですから一緒に責任を負うべきものです。
そこを逃げたら研究所のイメージが下がるだけですからね。

これからの未来のためにSTAP細胞があるという証拠を見つけ出してほしい願いもあります。
若返り効果が期待できると言ったら女性はもちろん男性だって食いつきますよね。
いつまでも若々しいくいたいと言うのは誰もが思っていることだと思います。
STAP細胞を通して若返りが出来たら日本の研究はかなり進展していくでしょう。
研究が進むことは良いことです。
STAP細胞が不正でない事を信じ小保方さんの研究に進展があることを願います。

小保方さんのSTAP細胞を批判することではなく、みんなで信じてあげることが彼女のこれからの未来に繋がり研究にも役に立つのではないかとおもいます。

スポンサーリンク





小保方晴子 ブログトップ